blog index

うぶやの会ブログ

うぶやの会のイベント、会員さん発信のイベント情報などを発信します☆
イベント後の報告もお楽しみに♪
<< 2/8新年会 & 3/11「A2−B−C」無料上映会 のお知らせ | main | 311チャリティイベントのご報告 >>
無料 3/11  「A2−B−C」自主上映会 at むらさきかん(岡崎東部地域交流センター)
0
    最近のニュースで甲状腺がんの子どもが見つかったとありました。
    この映画のタイトル「A2−B−C」は甲状腺がんの測定値が使われています。
    [A1] 結節や嚢胞を認めなかったもの
    [A2] 5.0mm以下の結節や20mm以下の嚢胞を認めたもの
    [B] 5.1mm以上の結節や20.1mm以上の嚢胞を認めたもの
    [C] 甲状腺の状態から判断して直ちに再検査の必要あり

    映画の中で、子どもの測定値がA1だった方が、測定の結果に満足できず他院で調べてもらったところ嚢胞が見つかり、A2になったと言うシーンもありました。
    チェルノブイリの経験から、測定値はこれからあがっていきます。
    映画を観ると、自分たちには関係ないことでも無いことがわかります。
    とても重たい内容のテーマなので、なるべく気軽にご覧いただけるように、今回は無料といたしましたが、上映料の54000円はうぶやの会が負担しております。
    年度末でお忙しい時期ではありますが、是非予定を調整してお越しください。
    お子様連れでも大丈夫です。


    311チャリティイベント 「A2−B−C」自主上映会
    311東日本大震災から4年が経ちます。
    世の中では既に忘れられてしまっている感覚もありますが、うぶやの会では小さなことから始まる一歩としてチャリティイベントを続けていけたらと考えています。
    お子さまと一緒に参加できる無料の上映会です。
    上映後は「ら・びーた」メンバーの竹内支保子さんのライブ&トークを企画しました。
    東北支援の物販、スタッフの手作りブースもございます。
    多くの方のご参加をお待ちしております。
    日にち : 3月11日(水)
    時間  : 10〜12時頃(9時半〜入場)
           10時から上映(71分)
           11時20分〜竹内支保子さんのライブ&トーク
    場所  : むらさきかん・岡崎東部地域交流センター 第六活動室
            住所 : 岡崎市藤川町字田中19 0564-66-3066
           名鉄藤川駅 徒歩3分(目の前です)
    参加費 : 無料
    定員  : 200名
    申込み : 3月10日迄 定員になり次第終了
            (こくちーず) http://kokucheese.com/event/index/230291/
    お問合せ : ubuyanokai@hotmail.co.jp
             こくちーずからのご予約が出来ない方は上記アドレスでも予約の受付をいたします。

    *会場に東北を支援する募金箱を設置します。ご賛同いただけたら幸いです。
    *駐車場は台数に限りがございます。なるべく公共の乗り物をご利用いただくか、乗り合わせにご協力お願いします。
    *一般の利用者の方もいらっしゃいますので、上映会にご参加の皆様のお車を詰めてお停めいただく場合がございます。
    *お子様を連れてのご参加は可能ですが、騒がしくなった場合は一旦退室をお願いします。

    映画の紹介
    日本に住むアメリカ人監督イアン・トーマス・アッシュが、原発事故後も福島で暮らす子どもたちを取り巻く厳しい現実にカメラを向けたドキュメンタリー。
    アッシュ監督自身が原発事故発生から11日後に現地入りし、汚染地域で暮らす人々の生の声を拾っていく。
    福島では甲状腺に小さなしこりなどがあるA2判定を受けた子どもたちが急増しているという状況が、ほとんど取り上げられていないことに愕然とする。
    ストーリー
    2011年3月22日、ドキュメンタリー監督のイアンは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故発生後、11日目に現地の取材に向かう。
    彼は錯綜(さくそう)する情報に惑わされることなく、福島で実際に起きていることを自ら確かめたいと町や人々を撮影する。
    次第に子どもたちとも親しくなったイアンは、彼らに普段は見られないある変化が起きていることを知り・・・

    監督紹介
    イアン・トーマス・アッシュ
    1975年生まれ。アメリカ・ニューヨーク出身。
    初めて撮った長編ドキュメンタリー「the ballad of vicki and jake」(2006)がスイスのドキュメンタリー映画祭Nyon Visions du Reel でグランプリを受賞。
    2000年に英語教師として来日して以来、日本滞在歴は13年にも及ぶ。
    福島第一原発事故以降、福島県内の避難区域周辺で生活する人々を追ったドキュメンタリー「グレー・ゾーンの中(In the Grey Zone)」(2012)がロードアイランド国際映画祭にて新人
    監督賞&観客賞をダブル受賞。
    さらに福島の子どもたちを追った本作「A2−B−C」(2013)でも世界各国で絶賛される。
    最新作にがんにかかった友人の最期を記録した「−1287」(2014)が控えている。

     
    3/11はお昼頃終了のイベントのため、スタッフはお弁当の予約をしております。
    むらさきかんはロビーに飲食できるスペースも設けてありますので、そちらでお召し上がりいただけると思います。
    ご希望の方がいらっしゃれば、一緒に注文をいたしますので、お申し出ください。
     
    くるみ弁当
    540円

    素材や調味料にこだわったお弁当屋さんです。
    大盛りは無料ですので、ご注文の際にお知らせください。
    連絡がない場合は普通盛りのお弁当になります。
    https://ja-jp.facebook.com/Kurumibentou


    当日は東北の手作り品を始め、収益金を寄付すると言う形でスタッフや会員さんなどが物品販売をいたします。
    スタッフの東北手作り品は、仮設住宅などにお住まいの方を中心に手芸品の販売をされているいくつかの団体のものを仕入れて原価で販売しております。
    売れたらまた買いなおす、と言う循環を作ることで、商品の販売のお手伝いをしております。
    会からは送料を負担しております。
    使ってくださる方がいて初めてこの循環が生まれます。

    スタッフ
    ・東北手づくり品
    ・ベビースリング
    ・手づくり洋服
    ・5本指靴下
    ・ふわふわ靴下
    ・草木染め手ぬぐい、草木染めエコバック、ガーゼハンカチ、子供用タオルハンカチ、小豆湿布
    ・手づくり羊毛フェルト小物   レッグウォーマー
    ・その他色々

    ラブプロ
    ・オムツバンド
    ・ふんどし
    ・子供用スタイ
    ・アクセサリー
    ・手作り雑貨
    ・編み物
    ・コネキャン
    ・廃油石鹸
    ・枇杷エキス
    ・黒豆
    ・干し椎茸(九州産)
    | うぶやの会スタッフ | うぶやの会からのお知らせ | 11:25 | - | - | - | - |
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ